プレスリリース

第二地方銀行協会のSARBLABが開催する「効率化Meetup」に、補助金クラウド運営会社の代表取締役佐藤淳が登壇

地域金融機関の補助金対応DXSaas「補助金クラウド」を提供する株式会社Stayway 代表取締役の佐藤淳が12⽉23⽇に開催される「効率化Meetup」にて、「コスト削減・省力化」をテーマにしたセッションに登壇します。 ■第二地方銀行協会のSARBLABが開催する「効率化Meetup」について 地域金融機関を取り巻く環境が急激に変化する中、各金融機関においては経営の安定を図るべく、コスト削減や業務の省力化に注力しています。 そこで、SARBLABでは効率化に資するサービスを提供している企業(5社)を集め、会員行とDX企業とのマッチングの場(Meetup)を提供しています。   ■SARBLAB*とは https://www.dainichiginkyo.or.jp/aboutus/sarblab.html 第二地方銀行協会加盟行のデジタル化やスタートアップなどの外部企業との連携によるオープンイノベーションを支援するため第二地方銀行協会が運営する組織です。 *Second Association of Regional Banks(第二地方銀行協会) Laboratoryの略   ■補助金クラウドとは 「補助金クラウド」は、地域金融機関等で属人的になっている補助金・助成金案内業務の自動化や、外注により不透明になっている補助金等申請支援業務の可視化、さらにはつなぎ融資のスピード感を向上させるなど、補助金・助成金対応業務のDXにより、地域金融機関等の戦略的・効率的な業務プロセスの構築が可能となります。 ※補助金クラウドは、株式会社Staywayの登録商標です ■株式会社Stayway について ・社 名: 株式会社 Stayway ・代 表: 代表取締役 佐藤淳 ・設立日: 2017年7月7日 ・事業内容: 補助金・助成金DXを進める補助金テック事業 ・会社概要 https://stayway.co.jp/ ・運営サービス -法人営業を支援する、補助金・助成金対応支援ツール「補助金クラウド」 https://www.hojyokincloud.jp/ -専門家が監修する補助金・助成金メディア「補助金way」 https://biz.stayway.jp/hojyokin/

メディア掲載

補助金・助成金DXのStayway、補助金・地域金融機関・VCから総額7500万円のハイブリッド型資金調達

Stayway(ステイウェイ)は11月25日、地銀と信金向けの補助金・助成金対応DXツール「補助金クラウド」の支援モデルケースとして、事業再構築補助金採択に基づく地域金融機関(神奈川県)からの融資、日本政策金融公庫の新型コロナ対策資本性劣後ローンによる7000万円、ベンチャーキャピタル(VC)の出資による500万円の資金調達を実施したことを発表した。累計調達額は1億5000万円となった。調達した資金は、補助金クラウドの開発と機能強化、事業開発、エンジニア・カスタマーサクセスの人材採用にあてられる。 以下メディアに掲載いただきました ・Techcrunch https://jp.techcrunch.com/2021/11/25/stayway-fundraising-2/ ・Bridge https://thebridge.jp/2021/11/stayway-jpy75m-funding

メディア掲載

「TechCrunch Tokyo 2021」に株式会社Stayway 代表取締役の佐藤淳が登壇

「TechCrunch Tokyo 2021」に株式会社Stayway 代表取締役の佐藤淳が登壇 pickupon株式会社 代表取締役の⼩幡 洋⼀⽒、タイムクラウド株式会社 代表取締役の⻄⼩倉 宏信とともにトークセッションを実施 法人営業を支援する、補助金対応DXSaas「補助金クラウド」を提供する株式会社Stayway 代表取締役の佐藤淳が12⽉2、3⽇に開催される「TechCrunch Tokyo 2021」にて、「注⽬のシードスタートアップ」をテーマにしたセッションに登壇します。 (TechCrunch Tokyo 2021 Pickup Session「注⽬のシードスタートアップ」:https://jp.techcrunch.com/2021/11/12/tctokyo-2021-seed-session/ ■「TechCrunch Tokyo 2021」について TechCrunch Japan(運営:Boundless株式会社)が毎年開催しているスタートアップとテクノロジーの祭典。今年2021年は12⽉2⽇、3⽇にオンラインで開催。 スタートアップによるピッチバトル「スタートアップバトル」に加え、国内外の著名スピーカーによるセッションも⾏われる。 イベント詳細ページ:https://jp.techcrunch.com/event-info/techcrunch-tokyo-2021/ ■株式会社Stayway について ・社 名: 株式会社 Stayway ・代 表: 代表取締役 佐藤淳 ・設立日: 2017年7月7日 ・事業内容: 補助金・助成金DX事業 ・会社概要 https://stayway.co.jp/ ・運営サービス -法人営業を支援する、補助金・助成金対応支援ツール「補助金クラウド」 https://www.hojyokincloud.jp/ -専門家が監修する補助金・助成金メディア「補助金way」 https://biz.stayway.jp/hojyokin/

メディア掲載

現場直視の紙面づくりを目指す 金融総合情報機関 ニッキンに補助金クラウドが特集されました

■記事抜粋 Stayway(ステイウェイ)は11月1日、補助金関連業務をワンストップで支援するクラウドサービス「補助金クラウド(ベータ版)」を開始する。 OEM(相手先ブランドによる生産)で提供することで、地域金融機関は取引先への補助金支援を自行ブランドで実施するとともに、収益化も図れる。既に複数の地域銀行が試験導入の検討を進めている。 補助金業務は、ドアノックツールとしての活用 や、入金までのつなぎ融資を実行するなど、金融機関にも支援するメリットがある。ただ、提出資料の多さや手続きの煩雑さ、長さなどに課題がある。取引先からのニーズは高いものの、現場への負担がかかるのが現状だ。 同サービスを取引先が利用することで、補助金業務を効率化できる。 例えば、売り上げや事業規模などの企業情報をもとに利用可能な補助金を自動で提案する。申請段階では、ステイウェイのサポートがチャットや電話、オンライン会議で受けられる。士 業や経営コンサルタントの経歴を持つ同社内チームが支援することで、高い採択率を実現。また、サービス利用企業の申請書類の管理や、申請ステータス、過去の合否状況などの情報も一元化できる。 金融機関は取引先からサービスの月額利用料を得て、ステイウェイにシステム構築料金を支払う。 https://www.nikkinonline.com/article/17911  

プレスリリース

【神奈川県逗子市 21年11月実施】逗子海岸や小坪エリアをめぐる、オンラインツアー事業を受託

株式会社Stayway(代表取締役:佐藤淳 以下、stayway)は、逗子市やビーチヨガに関心のある方を対象に、オンラインでのビーチヨガを体験を提供するオンラインツアー事業を実施します。 21年11月14日・11月27日に開催! ビーチヨガが体験できる!逗子の魅力発見オンラインツアーの参加者を募集します。 ※本ツアーは一般社団法人地域活性化センター令和3年度移住・定住・交流推進支援事業助成金を活用し、逗子市が(株)Staywayに委託して実施しています。 逗子市とは 三浦半島の北西部、相模湾に面する逗子市。横浜市、鎌倉市、横須賀市、葉山町と隣接し、あらゆるところからのアクセスが手軽で人気のリゾートエリアです。 都心からも1時間程度で行くことができ、海に面した緑あふれる豊かな自然が魅力です。海と山に囲まれ、自然を暮らしの一部として感じられる生活しやすいまち。 今回はそんな逗子市に在住のヨガトレーナー、鈴木なつみさんと鈴木夏樹さんを講師に招き、逗子の魅力である海を生かした「ビーチヨガ」も体験できるオンラインツアーを開催します。 このツアーに参加したらきっと逗子に行きたくなります! 時期及び内容 第1回:逗子海岸をめぐるオンラインツアー:11/14(日)15:00〜16:00 第2回:リゾート×古き良き街 小坪逗子マリーナエリアオンラインツアー :11/27(土) 9:00〜10:00 実施方法 Zoomでおこないます オンラインツアーの流れ ▶︎逗子市の紹介 ▶︎ツアーの周辺地域を散策(おしゃれなカフェ、洋菓子店、ローカルエリアなど) ▶︎ビーチヨガ実施 30分程度 ▶︎逗子の特産品の紹介 ▶︎終わりに こんな方におすすめ ・逗子には興味あるけど、コロナ禍でなかなか逗子まで足を運べない方 ・逗子の特産品に興味がある方 ・海のある地域への移住を検討している方 ・オンラインツアーに興味がある方 ・ビーチヨガを体験してみたい方 ・海や健康に関心のある方 ​第1弾:逗子海岸をめぐるオンラインツアー 11/14(日)15:00-16:00 定員40名 ​遠浅で穏やかな波が特徴の美しいビーチ、逗子海岸。夏には海水浴場として人気を集め、花火大会や海の家を楽しむことができます。 また、ビーチから望むサンセットが美しく、夕方の散歩に訪れる方も多いのだそう。 そんな逗子海岸で、ちょうどサンセットが美しい夕刻に第1弾の逗子魅力発見オンラインツアーを開催します。 そのほか、逗子海岸を散策しながら、おすすめのカフェ、逗子の人気アクティビティクラブなど、逗子市の魅力を紹介するコーナーもあります。 ※プログラムは募集日時点での予定であり、変更になる場合があります 第2弾:リゾート×古き良き街 小坪・逗子マリーナエリアオンラインツアー 11/27(土)9:00〜10:00 定員40名 静かな海辺のまち、小坪。 人口8,000人ほどの小さなまちは、逗子エリアにあるどのまちとも異なり、おしゃれなホテルやレストランもありながら、昔ながらののどかな暮らしが受け継がれています。 そんなリゾート地でありながら古き良き街並みを残す小坪で、第2弾の逗子魅力発見オンラインツアーを開催します。 そのほか、逗子で人気のカフェや、地元の人だけが知っている隠れ家カフェ、ヤシ並木、地域のローカルエリアなど、逗子市の魅力を紹介していくコーナーもあります。 ※プログラムは募集日時点での予定であり、変更になる場合があります 特産品 参加者の方には、特産品を通じて逗子を感じていただけるように逗子の特産品(3,000円相当)をご自宅に無料でお届けします♪ ・サンダウナー東京オムレツ ・逗子生産直売所 ・BecquetCafe&GASTROPUB(ベケットカフェガストロパブ) ・5bis,KOTSUBO(サンクスコツボ) ツアーの特産品紹介とともにご使用いただけますと幸いです。 (留意事項) ・紹介している特産品を全てお送りするものではありません。サンダウナー東京オムレツ自家製生ドレッシングと 組み合わせて3,000円相当の特産品を送付します。 ・特産品を選ぶことはできません。また、返品・交換もできません。 ・掲載している写真は各店舗で取り扱っている商品等であり、お送りする特産品と異なる場合がありますのでご了承ください。 オンラインツアーの詳細に関して 当プレスリリースは2021年10月20日時点の情報になります。 最新の情報に関しては以下の公式HPをご確認の上、ページ内の申し込みリンクからお申し込みください。締め切りは、11月3日(水)です。 https://stayway.jp/tourism/zushi_online-tour <会社概要> 社 名: 株式会社 Stayway 代 表: 代表取締役 佐藤淳 設立日: 2017年7月7日 URL:https://stayway.jp/tourism 事業内容: 観光DX事業、実名投稿型旅行アプリ、地域のソーシャルコマース事業