ホーム > お知らせ(会社全体) 

【3/15 14:00-】「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」徹底解説セミナーを開催

株式会社Staywayは、「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」徹底解説セミナーを開催いたします。 セミナーの詳細と概要 <テーマ> 「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」徹底解説セミナー   <開催日程> 2024年3月15日(金)14:00-15:00   <場所> オンライン(Zoom) *視聴URLは、セミナーお申し込みフォーム登録後にお受け取り頂けます。   <対象者>(補助金申請者/金融機関/士業/事業会社の方など) ・「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」の申請を検討している方 ・お客さまに補助金情報を提案できるようになりたい方 (金融機関、士業の方など) ・補助金を営業のフック・お客さまへの情報提供として利用したい方 (建設会社、機械・設備のメーカーや販売会社の方など) ・知識として補助金の理解を深めたい方   <内容> 1.「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」の概要 2. 採択のポイント 本セミナー見どころ 本セミナーでは、2024年度に注目の「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」を、公認会計士が解説いたします。   本補助金は経済産業者が主管するもののひとつで、地域の雇用を支える中堅・中小企業が、足元の人手不足等の課題に対応し、成長していくことを目指して行う大規模投資を促進し、地方においても持続的な賃上げを実現することを目的としています。   令和5年度補正予算にて新設された補助金であり、予算が1,000億円(国庫債務負担含め総額3,000億円)、補助上限額が50億円と大きいことから、非常に注目されています。   本セミナーでは、3月上旬に公募開始予定の本補助金を、公認会計士が解説いたします。   なお、ご視聴頂きアンケートにお答えいただいた方には、本セミナーの資料をプレゼントいたします。 セミナー講師 株式会社Stayway 公認会計士 浜名 礼奈 中央大学商学部卒/公認会計士 デロイト トウシュ トーマツ出身。 大手商社の監査業務に従事したのち、飲食チェーンの経営企画、人材大手の社内ベンチャーの事業推進・営業企画を経て、株式会社Stayway入社。 お申し込み方法について 以下のURLよりお申し込みください。 https://biz.stayway.jp/hojyo_news/32662/ 「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」の無料相談窓口について 補助金クラウドを運営する株式会社Staywayでは、「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」の無料相談窓口を開設しております。 以下のURLの「お問い合わせはこちら」よりご相談ください。 https://stayway.co.jp/news/592/ 「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」の解説動画はこちら https://youtu.be/sJYPvsPG0MY

イベント・セミナー登壇

補助金クラウド、金融機関向けの展示会「デジタルバンキング展 DBX2024」に初出展!

補助金支援のDXを通じた経営支援サービス「補助金クラウド」「前ほじょくん(補助金債権の早期資金化)」を運営する株式会社Stayway(本社:大阪府大阪市、代表取締役: 佐藤 淳、以下「Stayway」)は、金融機関向けの最新ソリューションを体験できる入場無料の総合展示会「デジタルバンキング展 DBX2024」に出展することをお知らせいたします。本出展では、直近発表した生成AIを活用した新サービス「補助金クラウドPowered by GPT-4」の内容や成果についてお話しします。 セミナー概要 補助金クラウドfor Bankは、顧客への情報提供から相談対応、申請支援まで一気通貫でサポートし、同時に中小企業向けデジタルサービスの立ち上げが可能な金融機関向けクラウド型補助金・助成金対応支援サービスです。 東京大学のAI権威である松尾豊研究室出身者らと、生成AIを活用した、ChatGPT×補助金の自動申請書類作成にも取り組んでおります。   現在では、三菱UFJ銀行、みずほリース、大阪商工信用金庫、北海道銀行、北陸銀行など、 メガバンク、地銀、信金、リース、生命保険会社など、多数の金融機関に使っていただいています。 セミナー詳細 当日は3月15日(2日目)に、下記内容にてセミナーを開催します。オフライン、オンラインのどちらでも参加可能となっておりますので、ぜひご興味ある方は下記URLよりお申し込みください。なお、オンラインでの参加は後日視聴可能です。   ▼タイトル: 【地銀・信金の実例】生成AIによる金融機関DX!書類作成を100分の1にする方法 ▼日時:3月15日(金) 15:00-15:40 ▼セッション番号:503A-10 ▼講演者情報: ・佐藤 淳(株式会社Stayway|補助金クラウド 代表取締役 / 公認会計士) ・紙本 達郎(株式会社Stayway|補助金クラウド 事業開発部ディレクター / 一般社団法人金融データ活用推進協会 生成AIアドバイザー) ▼申し込みフォーム:https://fit.nikkin.co.jp/seminar/5/5844 「デジタルバンキング展 DBX2024」とは デジタルバンキング展(DBX2024)は、日本金融通信社(ニッキン)が主催する金融機関のための展示会です。2024年3月14日〜15日に東京駅直結の「ステーションコンファレンス東京」で、「金融業界へのオープンシステム・クラウド/API に基づく『真』の金融サービスの姿」をテーマに開催されます。本展では、特に地域金融機関の目線を意識した最新テクノロジーやソリューションを一堂に集め、また、DXのモデルとなる先行金融機関の幹部と金融当局による基調講演も行います。   ▼詳細:https://dbx.nikkin.co.jp/ ▼名称:デジタルバンキング展(DBX2024) ▼主催:日本金融通信社(ニッキン) ▼会期: 2024年3月14日(木)・15日(金) 【14日(木)】 9:30~18:00 【15日(金)】 9:20~17:30 (9時受付開始) ▼会場: ステーションコンファレンス東京(JR東京駅日本橋口直結) 金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方はご入場が自由です。 それ以外の方は、入場券(招待状)が必要となります。ご注意下さい。 ▼入場無料: 金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方はご入場が自由です。それ以外の方は、入場券が必要となります。ご注意下さい。一般企業の方は、出展企業から入場券をご入手下さい。 ▼お問い合わせ: e-mail:dbx@nikkin.co.jp 日本金融通信社 DBX事務局 本件に関するプレスリリースはこちら https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000120.000028016.html

イベント・セミナー登壇

【2/27(火)開催】スタートアップ向け補助金解説セミナーを開催します

この度、Plug and Play Japan様と合同でスタートアップ向け補助金解説セミナーを開催する運びとなりましたのでお知らせいたします。 開催概要 日時 2024年2月27日(火)14:00-15:00 形式 オンライン(Zoom) アジェンダ 1. オープニング/株式会社Staywayの紹介 2. 補助金に関する基本知識・最新情報 3. スタートアップが直面する課題 4. 特典の紹介 5. Q&A 申込リンク https://plugandplay.zoom.us/webinar/register/WN_rZY-q5QOTEO-dKKjuqT5gw#/registration こんな方にオススメ ・スタートアップ企業におすすめの補助金を知りたい方 ・新たな資金調達方法を知りたい方 ・適切な補助金プログラムを見つけにくい方 ・効果的な補助金の活用戦略を知りたい方 ・補助金に関する最新情報を把握したい方 ・補助金申請に関して悩みを抱えている方

プレスリリース

補助金クラウド、兼松ソイテックとビジネスマッチング契約を締結

ステークホルダーの省力化・省人化・高付加価値サービスの創出を目指す 補助金支援のDXを通じた経営支援サービス「補助金クラウド」「前ほじょくん(補助金債権の早期資金化)」を運営する株式会社Stayway(本社:大阪府大阪市、代表取締役: 佐藤 淳、以下「Stayway」)は、兼松ソイテック株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:青山 雅寿、以下「兼松ソイテック社」)と補助金活用による経営支援を目的としたビジネスマッチング契約を締結したことをお知らせいたします。 締結概要 兼松ソイテック社は、麦・大豆や雑豆、小豆などを全国に販売し、業務用各種食品・食品添加物等の副資材を取り扱う専門商社です。メーカーや流通業者など、兼松ソイテック社のお客様に対して補助金・助成金に関する情報提供、相談対応、申請支援までを一気通貫で支援する『補助金にかかわる申請コンサルティング』を提案します。 締結背景 近年、新型コロナウイルス感染症の拡大やウクライナ侵攻が世界の食料市場にショックを与え、食料需給に大きな混乱が生じたことで、国内外において食料安全保障の在り方が大きなテーマの一つとなっています。そのような中、農林水産省は、過度な輸入依存からの構造転換を目指し、麦・大豆等の生産拡大などによる輸入原材料の国産転換を推進していくことを発表しました。   一方で、兼松ソイテック社の取引先となり得る各農協・農業法人では、麦・大豆の自給率を上げる取り組みが加速していますが、低温倉庫や乾燥施設、色彩選別機などの導入が必要であり、多額な設備投資が求められます。また、同社の顧客となり得る麦・大豆等を扱うメーカーや流通業者では、食料の供給が持続的に図られるよう、食料システムの各段階における省力化・省人化の取り組みについて理解が深められています。   上記のような社会情勢を踏まえ、Staywayは、補助金の活用を通して、大豆生産・大豆加工業を含めたあらゆるステークホルダーの省力化や省人化、高付加価値サービスの創出を目指し、兼松ソイテック社との業務提携に至りました。 兼松ソイテック株式会社 代表取締役社長 青山 雅寿さまからのコメント 現在当社は、兼松㈱及び兼松グループ各社との連係のもと、大豆、添加物等の副資材、雑豆等を取り扱う企業として、数多くのお客様へ原料供給を行っています。 今我が国は、食糧安保が大きな課題で、大豆の自給率を上げる事が重要となっています(2030年迄に20万tの生産を34万tに増やす事が目標)。生産が増えた分の需要を促す事は、我々の使命と考えています。 この度のStaywayとの協業で、弊社のお客様などに補助金を積極的に活用していただくことで、日本の食文化の発展に寄与し、健やかな成長と豊かな暮らしにより一層貢献してまいります。 株式会社Stayway代表取締役 佐藤淳からのコメント コロナウイルスの感染拡大やウクライナ侵攻は食料市場へ大きな影響を与え、現在、食品産業をはじめ農協・農業法人では、食料安全保障の在り方が見直されています。そのような中、日本の食品産業と強い繋がりを持つ兼松ソイテック社と業務提携できることに喜びを感じております。両社がもつノウハウを掛け合わせ、新しいシナジーを生み、食品産業や農協・農業法人を囲むさまざまなステークホルダーに対し、高付加価値サービスの提供を目指してまいります。 詳細はこちら https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000119.000028016.html

プレスリリース

補助金クラウドが「令和6年度(2024年度)補助金・助成金の全体像まとめ」を公表

本資料でわかること ✔️令和6年度予算・令和5年度第二次補正予算の重要施策に基づく注目テーマ ✔️各省庁の予算編成の基本方針 ✔️中小企業者向けのおすすめ補助金 ✔️主な脱炭素系補助金 ✔️主なEV関連補助金 ✔️税制改正のポイント ダウンロードフォーム 下記URLのダウンロードフォームよりダウンロードしてください。 https://biz.stayway.jp/hojyokin/12457/ データの利用について ・当調査結果の内容及び結果に関する著作権は、当社に帰属いたします。 ・当資料の第三者への有償提供及び無断での複写・複製・転載・要約・改変等を禁止いたします。 ・当資料は情報の提供を目的としており、データの正確性・確実性・信頼性及び有効性等について、保証するものではありません。 ・利用者は、自己の責任において当調査結果を利用するものとし、当社は、当資料の利用に関して一切の責任を負いません。