ホーム > お知らせ(会社全体) > メディア掲載 > 日本経済新聞の「「鉄道ルーム」首都圏のホテルなどに広がる」と題した記事に弊社の銚子電鉄との取り組みが掲載されました。
メディア掲載

日本経済新聞の「「鉄道ルーム」首都圏のホテルなどに広がる」と題した記事に弊社の銚子電鉄との取り組みが掲載されました。

 

国内初の電車×デジタルデトックスサウナワーケーションが日経新聞(紙面・電子)に掲載されました

https://stayway.jp/tourism/chosi-sauna_workation

記事抜粋

鉄道車両を部屋として利用する試みに力を貸すのは、銚子電気鉄道(千葉県銚子市)。

宿泊予約仲介サイトのステイウェイ(川崎市)が企画した、旅行先で仕事をする「ワーケーション」に車両を貸し出す。車両をサウナに見立てデジタルから離れる「デジタルデトックス」も体験してもらう。11月に実施予定で、以前の募集ではサウナ愛好家の応募が多かったといい、「サウナを入り口に銚子電鉄にも興味をもってもらえれば」(担当者)と期待している。

新型コロナの影響で観光業界や運輸業界は苦境が続いている。そうしたなか、出費への抵抗が比較的少ないとされる趣味の分野に訴求する手法が、収益確保策として注目が集まりそうだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC056CO0V01C21A0000000/

  • 関連記事

    • sync