ホーム > お知らせ(会社全体) > プレスリリース > 補助金クラウド、パナソニックリビング中部と業務提携を開始 補助金活用を通じてお客様の脱炭素推進を支援
プレスリリース

補助金クラウド、パナソニックリビング中部と業務提携を開始 補助金活用を通じてお客様の脱炭素推進を支援

補助金支援のDXを通じた経営支援サービス「補助金クラウド」「前ほじょくん(補助金債権の早期資金化)」を運営する株式会社Stayway(本社:大阪府大阪市、代表取締役: 佐藤 淳、以下「Stayway」)は、パナソニックリビング中部株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:寺島 秀一、以下「パナソニックリビング中部」)との業務提携を開始したことをお知らせいたします。本提携を皮切りに、パナソニックリビング中部へ「補助金クラウド」を導入し、パナソニックリビング中部のお客様の脱炭素推進の支援を強化してまいります。

業務提携の背景について

パナソニックリビング中部は、”住まい創りの夢”の実現をサポートする企業です。住まい、施設づくりにおいて、IoTなどの最新設備まで多様なニーズに合わせて、さまざまな設備や機器などを提供・販売しています。ご提案・プランニングから設計・施工、そして補助金などの国策活用までも一気通貫で支援しています。

 

これまでも、お客様の事業推進の一環として補助金活用の提案やサポートをおこなってきましたが、リソースやノウハウが不足しており、対応できる補助金や数が限定されておりました。
また、現在は脱炭素社会に適応した住まいづくりに向けて、省エネルギー性能の確保や向上による脱炭素化の徹底が求められています。一方で、脱炭素を推進する上では、企業の資金面での課題を解決するのは不可欠であり、その中で補助金活用は最重要なテーマになっております。

 

このような現状を受け、補助金クラウドは、パナソニックリビング中部のお客様の脱炭素推進を強化することを目的に、業務提携に至りました。

業務提携の概要

業務提携に伴い、補助金クラウドとパナソニックリビング中部は共同で、お客様に向けて補助金セミナーを開催するなど、脱炭素推進に活用可能な補助金の認知や興味関心の向上を図ってまいります。また、「補助金クラウド」を通じた情報連携により、全国の数千種類の補助金の中からお客様にマッチする補助金のご提案ができるようになります。さらに、お客様の補助金の申請の支援まで、一気通貫で対応してまいります。

パナソニックリビング中部 代表取締役社長 寺島 秀一 様のコメント

当社はパナソニックグループの一翼として、高品質な商材と確かな施工技術でお客様の事業推進をご支援しております。

このような中、お客様が求めている暮らしの空間や、お客様が気づいていない暮らし方をご提案することが当社の使命であると確信しています。また現在、世界で脱炭素社会に向けた活動が本格化されるなか、脱炭素化は住まい・施設づくりにおいて特に強く求められている分野でもあります。

お客様の真の経営課題を突き詰め、脱炭素社会の実現に向けお客様と共に邁進することで、当社の使命を具現化することに繋がると考えています。

この度の提携を通じて、補助金クラウドのシステムとサービスを活用しながら、よりお客様にご満足いただける地域ナンバーワンの「住まいづくりの会社」を目指してまいります。

株式会社Stayway 代表取締役 佐藤淳のコメント

資金面でさまざまな課題を抱える中小企業にとって、課題を解決し事業を推進するためには、補助金制度を活用することが有効です。また、今や大企業だけでなく、中小企業にも脱炭素への対応が求められており、脱炭素経営に向けた取り組みを今まで以上に支援していくことの重要性を再確認しています。

 

そのような中、「補助金クラウド」を通して、パナソニックリビング中部様と中小企業等の脱炭素支援に向けて取り組んでいけることに喜びを感じております。弊社のミッションである「中小企業や地域のポテンシャルを解放する」を胸に、パナソニックリビング中部様と共に、お客様の課題解決や事業推進を支援してまいります。

Staywayのプレスリリースはこちら

https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/28016