ホーム > お知らせ(会社全体) > プレスリリース > 補助金クラウド、ステラリンクと中小企業のDX推進の支援を目的にビジネスマッチング契約を締結
プレスリリース

補助金クラウド、ステラリンクと中小企業のDX推進の支援を目的にビジネスマッチング契約を締結

株式会社Stayway(本社:大阪府大阪市、代表取締役: 佐藤 淳、以下「Stayway」)は、株式会社ステラリンク(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:前田 保宏、以下「ステラリンク」)とビジネスマッチング契約を締結しました。本締結は、中堅中小企業向けに、補助金クラウドを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)推進をサポートすることを目的としており、中小企業が持続可能な経営を実現する新たな取り組みを支援します。

業務提携の背景について

現代社会において、労働生産性の向上や変化する消費者ニーズへの対応などを目的に、各企業でDXへの取り組みが強化されています。また、2018年に総務省が発表したガイドラインには、「2025年の崖」が提唱されており、2025年までにレガシーシステムの刷新に乗り遅れた企業は、年間で最大12兆円の経済損失が生じる可能性が示唆されています。

 

こうした流れがある一方で、中小企業がDXに取り組む上では、設備投資などの資金面での課題が大きく、その課題を解決する手段として補助金活用が注目を高めています。そこで、ステラリンクとStaywayは、「補助金クラウド」を活用した中小企業のDX推進を支援することを目的にビジネスマッチング契約の締結に至りました。

両社のビジネスマッチング契約の内容について

中堅・中小企業の経営課題の解決に資する補助金・助成金の申請において、煩雑な補助金情報の中から企業のニーズに合致した補助金・助成金を補助金クラウドが選別、選別した内容をステラリンクが顧客へご案内し、複雑な補助金申請作業を補助金クラウドがサポートします。

ステラリンクとは

ステラリンクは、お客様が抱える課題に対して、解決策を提案するソリューションベンダーです。「サイネージ」、「クラウドサービス」といったITサービスの他、システム開発、DXコンサルティングなど様々な事業を展開しており、最新技術による新たなサービスの創造を目指す企業です。

ビジネスマッチング契約に対するコメント

株式会社ステラリンク 代表取締役社長 前田 保宏 氏

 

技術変化の流れが速いICT業界において、新技術を開発し価値の高いサービスを提供することが当社の使命であると強く感じています。そのためには、お客様が抱える経営課題の解決に向けたさまざまなご提案が必要であり、そのうちの1つとして補助金活用は非常に有効的な手段となります。この度の補助金クラウドとのビジネスマッチング契約締結を皮切りに、補助金活用を通じてお客様が抱える経営課題に寄り添い、お客様の思いを形にし満足していただけるサービスを実現することで日本のICT産業にさらに貢献していきたいと考えます。

株式会社Stayway 代表取締役 公認会計士 佐藤淳

 

非常にアナログで課題の多い補助金分野において、デジタル領域に強いステラリンクとともに補助金支援を通じた中小企業のDX推進ができることを大変うれしく思います。ステラリンクが持つ新技術開発のノウハウと、弊社が持つ補助金支援のノウハウを掛け合わせ、新しいシナジーを生み、DX推進における経営課題の解決に向けて、全力で事業に邁進してまいります。